年上熟女出会いin大阪

  • 投稿日:
  • by

私は結婚して3年目で浮気をしました。その浮気相手は埼玉県に住む12歳年上の43歳の女性でした。

その女性はバツイチで、子供も高校生と中学生の女の子がいました。私がその女性と知り合ったのはネットのあるゲームでした。そのゲームは友達を作りながら協力してゲームを進めていくという感じで、いろいろな人と友達になり楽しんでいました。

その女性はいろいろな人にコメントのやりとりをして、もちろん私ともコメントのやりとりをしていました。普通のやりとりが3か月ぐらい続いてときに、ふとしたきっかけでプライベートな話をするようになりました。 ただ、ゲームの中でメールアドレス交換は禁止されていたので、

具体的なメールアドレスはカタカナで打ち相手に伝えました。そして、メールでいろいろなやりとりをするようになり、電話で話をするようになりました。

相手も年齢も年齢だけに再婚までは考えていないみたいで、離婚をして寂しかったのかいろいろ相談されたり、甘えてきたりしました。 私も話を聞いてあげて、気になる存在になってきたのです。

でも、あくまでネットの世界で知り合ってどんな人かわからないので写メを交換することにしました。すると年の割にきれいで若く見えて、私はかなり興奮してきました。もっと知りたいし、もしかしたら年上の女性とエッチできるかもって考えながらやりとりを続けました。

そして、エッチな話を電話でしてみました。「下着の色って何色?」「どんな下着か写メ送って」ってお願いしました。 すると「写メいいよ」ってことで、娘が寝た後にこっそり下着姿の写メを送ってくれたのです。私は興奮しまくりでした。

そしてついに二人で会うことになりました。私は九州に住んでいたので、はるか遠くの東京まで行くことになりました。

もちろん2人でホテルに泊まるって条件で。そして当日、最初会ったらかわいらしい年上って感じで、若かりし時は牧瀬里穂似って言われていたようです。 確かにきれいでした。一緒に手をつなぎながら東京タワーに行ったり、赤坂サカスに行ったりして楽しみました。

その都度その都度彼女の胸や脚を舐めまわすように見ながら幸せな時間でした。早くエッチがしたい、早くエッチがしたいと思いながら、ホテルにチェックインするとしばらくして、彼女をベッドに座らせてまずはキスから。そして激しくキスをしてベッドに押し倒しました。

43歳の熟れた体は若い子とまた違うエロさがありました。彼女も私のあそこをたっぷり舐めてくれながら、すごく幸せそうな顔をしていました。

私のあそこはもう元気になり過ぎて、我慢できず生で彼女のあそこに入れました。彼女は「アンッ、アンッ」って感じながら2人とも絶頂しました。 久々に気持ちいいセックスでした。そんな夜が過ぎ、次の朝、彼女からまた私のあそこを貪ってきました。

「もう1回しよ」って。そして朝から絶頂を迎えました。それ以来、私たちは会っていません。

私も子供ができて自覚を持ったからです。でも、この記憶は今でも忘れることができません。いい思い出です。大阪熟女出会い

元彼熟女との出会い

  • 投稿日:
  • by

自分は30代。妻とは結婚してかれこれ5年になるが、付き合っていた期間を含めれば10年近くになる。さすがにもう恋愛感情というものはほとんどなく、良い意味で空気のような存在になっている。いるのが当たり前なのだ。しかし、自分はまだまだ年齢的にもイケる。妻以外の異性とのドキドキが欲しくなるのは、ある種必然とも言える。
そんなとき、たまたま携帯のアドレスを整理していて、学生時代付き合っていた今は、もう熟女の元カノの連絡先が残っていたのを見かけた。てっきり消したものだと思っていたが、消し忘れていたらしい。
口数も少なく、付き合っていた時もあまり話題が盛り上がらなかったが、1年以上付き合っていた。なぜ性格の合わない女性とそんなに続いたか。その理由は彼女の性癖にあった。そう、元カノはドMでエッチ大好き人間だったのだ。
毎回エッチの時は生は当たり前。時には中出しや顔射も行い、目隠しや軽い拘束プレイも経験。さらには荒縄を使っての緊縛など、SMにはそれほど興味のなかった自分が、そっちに目覚めるきっかけになるほどエロい女だった。
当時を思い起こし、久しぶりに連絡をとってみることにした。妻とのエッチは極めてノーマルで、正直不満を感じていた。
案外、返事はすぐにきた。懐かしむような会話を何日か続け、そして自然に会おうという話になった。本人もやる気満々だったらしい。相変わらずスキモノだ。
ホテル街の近くのド○キで待ち合わせた。出会いは感動的だった。10年ぶりに会った元カノは、当時とほとんど変わらない容姿だった。でも熟女になっていた。

黒髪のショートに、落ち着いた服装。地味といってもいいほど目立たない印象だが、だからこそベッドの上でのギャップがたまらない。会話もほどほどに、すぐさまホテルに行った。
シャワーを浴びて、ベッドにイン。30を過ぎたと思えない滑らかな肌は手触りよく、めちゃくちゃに汚したい衝動にかられる。首筋や耳、腕から指先まで舌で愛撫し、手は控えめながら形の良い胸をまさぐる。あまり声を出すタイプではないが、我慢するように息を荒らげる姿が興奮をかきたてる。反応のわりに、アソコはすぐに洪水になるものだから、やはり淫乱なんだと思わせる。
すぐに入れても大丈夫そうなくらい濡れていたが、まだまだ挿入はしない。指で腟内を丹念に掻き回す。未婚で子供もいない彼女の中は締まりも衰えておらず、昔と変わらぬ卑猥な肉壺のままだ。Gスポットを刺激してやれば、ようやく小さな喘ぎ声が漏れる。もっと聞きたいと思い激しく責めてやると、少し潮を噴いていた。
軽くイッたのかぐったりした彼女を休ませることなく、身体を起こして自分の我慢汁の溢れるモノを咥えさせる。フェラはあまり上手くないものの、無理矢理やられることに興奮するのか、むしゃぶりついてくる。喉奥まで散々に犯してやり、唾液と我慢汁が混ざった卑猥な体液にまみれたモノ。彼女を寝かせると、有無を言わせず生で挿入した。
温かい。昔と変わらぬ快感が自分の脳内を駆け巡る。夢中になって味わった。感じさせるのではなく、自分が気持ちよくなりたいように好き勝手に激しく責めた。妻のことなどすっかり忘れて、快楽に身を任せた。
彼女も手加減のない責めに声を荒げはじめ、抱きしめてくる。普段あまり喋らない彼女の声が、存分に聞けるのはエッチの時くらいだ。もっと聞かせて欲しい。体位をバックにすると、いい所に当たるのか声が大きくなった。すでに何回かイキそうになっていたが、ギリギリまで我慢した。どれほど味わったかわからないが、あれだけイキそうになっていたら、多少ザーメンが漏れていたとしても不思議ではないだろう。
中出ししてやろう。そう思った。
正常位に戻し、ラストスパートをかける。熟女も自分がイキそうなのを察したのか。受け入れるように抱きしめてくる。OKのサインと解釈し、遠慮なく腰を振った。
そして、熟女の膣内に白濁液を吐き出した。よほどの量が出たのだろう。脈動は10回くらい繰り返したが、そのたびに出てるのがわかった。
引き抜くと、溢れた精液が秘裂からこぼれる。その光景がまたエロい。愛液と精液に汚れたモノを彼女の口に咥えさせ、お掃除フェラさせた。中出しをすんなり受け入れるエロい女。性格は全然合わなかったが、エッチの相性は良かった。こうしてたまに会うのは悪くないかもしれないと思った。
そのあとさらに2回、熟女との中出しエッチを堪能した。それから数ヶ月経つが、妻にもバレず、妊娠もしなかったらしい。万々歳な浮気だった。
彼女はいま付き合っている男がいるようで、結婚を考えているらしい。しかし彼の仕事の関係で、結婚したら遠方に引っ越さなければならないと言っていた。結局、彼女との浮気はこの1回限りだったが、非常に濃いエッチを堪能させてもらった。
妻には絶対に言えない、秘密の熟女との浮気出会い体験だ。

晩婚を考える熟女

  • 投稿日:
  • by

結婚は、人生の一大決断の1つだと思います。
もちろん誰だって幸せな結婚をしたいので、結婚相手を選ぶのは、慎重になってしまいますよね。
しかも、相手が外国人となればなおさらです。
好きだけど、文化も言葉も違う人と、結婚してて大丈夫か、不安にまって迷うこともたくさんあると思います。
私なら、もし国際結婚をするとすれば、同じアジア圏内かアメリカ出身の人がいいと思います。
同じアジア圏だと、文化も言葉も違いますが、似ている部分もたくさんあると思います。
食生活も、ご飯を主食におかずを食べるくにがほとんどだし、日本人にも食べやすい料理が多いですよね。
日本人の謙虚な部分や、おもてなしの精神なんかもアジア圏出身の人は、似てる部分が多いと思います。
なので、一緒に生活がしやすいような気がします。
韓国、台湾、ベトナム、タイなどは、料理も美味しいし、日本に興味がある人も多く、何よりも優しくて親切な人も多いので、国際結婚してもいいと思います。
それに、同じアジア圏なら、お互いの国に行くのも簡単なので、お互いの両親を訪ねる時なども比較的に簡単だと思います。
文化の違いも、そこまでおおきなギャップもないと思うので、お互いがお互いの文化を受け入れられたら問題は、ないと思います。
日本以外のアジア圏の国は、まだ先進国途中の国も多いですが、優秀で世界でも活躍する人が多いので、相手がしっかりとしていれば、気にならないと思います。
また、アメリカ出身の人との国際結婚もいいと思います。
アメリカには、移民が多いので、アメリカ出身の人たちは、他の国出身の人たちになれていて、国際結婚をしても、違和感がなく馴染めると思います。
子供ができたら、英語の教育もしやすい環境なのでとてもいいと思います。
何よりも、アメリカと日本のハーフの子供はとても可愛いので、アメリカ人との国際結婚もいいと思います。
もし、アメリカに住むことになっても、大きい都市なら、日本町があったり、日本食レストランや日本食を扱うスーパーなども多くあるので、住みやすいとおもいます。
国際結婚は、大変なこともたくさんあると思いますが、一番大切なのは、相手の国をきちんと理解しようとする気持ちと、違いを受け入れることだと思います。
国が違っても、相手がしっかりとして、信じられるパートナーなら、大丈夫だと思います。
逆に、違う環境で育った人との結婚は、新しい発見や学ぶ事もたくさんありそうで、外国人との国際結婚も素敵だと思います

熟女と浮気

  • 投稿日:
  • by

30歳になった時に当時付き合っていた彼女とはマンネリ化がしていて、少し倦怠期のような期間でした。

夜になってもSEXしたいともあまり思わなくなっている自分に気付き毎日していたのに毎日しなくなったんです。

そんな中、バイト先でアラフォー熟女と出会ってバイト先で話をするうちに仲良くなってたびたび二人で出かけることも増えていったのが始まり。

ある日その熟女と二人でいつものように出かけて、夕方になった頃「そろそろ帰らなきゃ。」と言ったので「今日はもう少しいいじゃん。」とこっちから言ってその日はそれからしばらく一緒に過ごすことに。当然目的はSEXです。
当時の彼女は家に転がり込んでいたから彼女には「バイトが遅くなるから先に寝てていいよ。」と伝えアラフォー熟女との時間を楽しんでいました。
車でドライブなんてあまりしたことがなかったみたいだったから車で海の方までドライブしながらその子太ももをずっと触って運転してました。
海についてしばらく会話を続けて少しの沈黙があったからおもむろにキスをしてそのまま胸に手を当てても嫌がる様子がなかったので「ホテルに行こうか?」と言うと小さく頷いたんです。
海の近くのラブホテルを探してそのまますんなり入ってシャワーを浴びる前にアラフォー熟女の服を脱がせて身体を舐め回しました。
そのあとはこっちもいろいろ舐めてもらってフェラをしてもらってから中に挿入。
若いだけあって締まりがとてもよくてめちゃくちゃ気持ちよかった。一回戦が終って熟女はすっかり緊張がほぐれたみたいでシャワーを浴びて二回戦。
お互い気持ちよくなって彼女は潮を吹いてました。その日はそこまでにして、家まで送っていって自分も家に帰って寝ることにした。
それからバイトでシフトが同じになるたびに帰りはその熟女と一緒にホテルに行って二人でいちゃいちゃしながらお互い気持ちよくなって彼女の膣の中はとても締まりがいいから指を入れるだけで興奮しました。
胸も太ももも全てにハリがあって熟れた熟女の身体はすごく気持ち良いものです。フェラもずいぶんうまくなってきて精液を飲み込むこともするようになって彼女のエロさがとてつもなく自分の性欲をMAXにしてくれてた。
腰使いもほんとにうまくなっていろんな体位が出来るようになったその子はホテルに行くたびにどんどん大胆になってエロくなっていったのでその熟女との時間がとても楽しかったです。

キャリアウーマンの熟女の恋愛

  • 投稿日:
  • by

女として生まれてきたからには、バリバリ仕事をこなすキャリアウーマンもいいですが、大好きな男性と恋愛をして、結婚をして、子供を産んで、家族になってという将来に憧れる女性も少なくないと思います。
そう、結婚です。今回のテーマは、国際結婚。
国際結婚というとなんだか難しく聞こえちゃいますが、外国の方との結婚です。
意外と、国際結婚に理解を示す家庭って少ないんです。
まず、文化が違いますからね。文化も違えば、言葉も違う。
結婚する者同士は意思の疎通が図れるでしょうが、その親や兄弟は全く分からなかったりするので反対されるという話もよく聞きます。
そんな国際結婚。
どこの国の人となら、結婚したいと思いますか?
最近の日本人の男性は、いわゆる「草食系」といわれる優しい男性が増えている気がします。
なのでここはガツンと男らしいイメージを放つ黒人の方、なんていうのもいいかもしれませんね。
黒く焼けた体に備わる美しい筋肉...想像するだけでも男らしい男性が好きな方にはとてもキュンキュンする話だと思います。
でも、やはり海外というと、「レディファスト」を心がけてくれるヨーロッパ諸国の白人を想像する熟女も少なくないと思います。
一緒にいてさりげなくエスコートしてくれるような紳士的な男性はやはり人気を集めますよね。
イメージとしてはいつも引っ張って行ってくれる頼りがいのある黒人の方と、決して強引ではない、あくまでさりげなくエスコートしてくれる白人の男性。
その中で、熟女女性にはどちらが人気があるのでしょうね。
その国によって文化が違うのは当たり前ですから、その文化の違いを受け入れられるかが重要になってきます。
例えば、食べ物。
日本では刺身や寿司は当たり前ですが、これが普通じゃない国だってあります。いくら相手の男性や女性の人柄が素敵で惹かれたとしても、こういった文化の違いが受け入れられなければ一緒に生活していくことは、不可能と言えるでしょう。
それに加え、国外に住むことになれば、とても大変です。
国内での引越しはたとえ県外であっても同じ日本で、言葉も通じて、見知ったお店が近くにあったりするかと思いますが、海外に行くとなれば、まず言葉が違う。
知っている人なんて一人もいない。
車道だって日本と逆の国があります。日本では普通の信号がない国だってあります。
国際結婚は、普通の結婚と違ってとても困難で苦労が絶えないと思います。それでもこの人と一緒にいたい!と思えう人に出会えて、結婚することができたら、それはそれでたくさん得るものがあって、素晴らしい人生になると思います。